様々な錠剤

ldlコレステロールの種類を知ろう|手軽に利用できる健康食品

中性脂肪の増え過ぎに注意

インテリア

まずは体内の機能を知る

ldlコレステロール(悪玉コレステロール)は、コレステロールを体内で活用するために必要な栄養素になります。しかし多くなってしまうと、血管に蓄積して動脈硬化などの原因となります。気にしすぎる必要はないのですが、増加しないようにする意識は大切になります。ldlコレステロールを含めたコレステロールの管理は、主に肝臓が行っています。コレステロールの1日の摂取量の約80%は肝臓で生成され、残り20%が食物からになります。なので高脂肪食品を食べすぎると、体内に存在するコレステロール量が過剰になります。ldlコレステロールの処理も行っていますが、肝機能が低下すると処理ができず蓄積されやすくなります。ldlコレステロールの増加を防ぐためには、高脂肪食品の摂取量と肝機能低下の予防をすることが大切です。肝機能を良くすることにはタウリンが有効で、カキやホタテなどに豊富です。食べ物からの摂取が難しい場合はドリンクでもあるので用いても良いと思いますが、飲み過ぎには注意してください。

効果的な栄養素を摂取

肝機能低下を防ぐことも大切ですが、ldlコレステロール増加の原因になる中性脂肪を減らすことも大切になります。中性脂肪を減らすことに有効な栄養素は、オメガ3・食物繊維・乳酸菌・納豆キナーゼ・セサミン・レシチンなどです。食べ物でいうとオメガ3は青魚(サバやイワシなど)に豊富で、乳酸菌や納豆キナーゼといった独自の成分は発酵食品(ヨーグルトやキムチなど)に豊富に含まれています。セサミンはゴマに豊富で中性脂肪に効く良い油を含んでいますが、油なので摂取量には気を付けて下さい。またゴマは粒で摂取すると消化されずにそのまま排出されてしまうので、体内で消化・吸収をちゃんと行わせるためにはすりゴマを使うことがオススメです。