様々な錠剤

ldlコレステロールの種類を知ろう|手軽に利用できる健康食品

動脈硬化の原因を除くには

肥満体型

細胞膜をつくるのに必要

ldlコレステロールは、いわゆる悪玉コレステロールのことです。これに対し善玉コレステロールと呼ばれているのはhdlコレステロールです。ldlコレステロールは悪玉と呼ばれていますが、それは量が多すぎる場合であり、通常ldlコレステロールは体中の細胞へコレステロールを運んでいくという大切な働きを受け持っています。なぜldlコレステロールが各細胞へとコレステロールを運んでいくかというと、細胞膜の材料としてコレステロールが必要なためです。細胞膜は細胞の中に悪いものが入ってこないようバリアの役目をしているので、しっかりした細胞膜をつくるために必要なコレステロールをldlコレステロールが届けているのです。しかし量が多すぎると体によくないので、コレステロール値が高いと診断された人にはldlコレステロールを減らす薬やサプリが人気です。

バランスの調整が大切

細胞にコレステロールを運ぶという大切な役目を持つldlコレステロールですが、細胞で使われずに余ったコレステロールを回収するのは善玉コレステロール(hdlコレステロール)の役目です。ところがldlコレステロールに対してhdlコレステロールが少ないと、余分なコレステロールが回収されないまま放置されてしまいます。こうして放置され溜まったコレステロールが動脈硬化の原因となるので、ldlコレステロールが多すぎる人は量を減らしてhdlコレステロールとのバランスをとる必要があります。そのために効果的といわれているのがオメガ3系脂肪酸です。オメガ3系脂肪酸は青魚や亜麻仁油などに含まれていますが、より効果的に摂取するならサプリメントが向いています。