栄養補助食品

ldlコレステロールの種類を知ろう|手軽に利用できる健康食品

動脈硬化の原因を除くには

肥満体型

ldlコレステロールは細胞に細胞膜の材料を届ける大事な役目を持っていますが、量が増えすぎてhdlコレステロールとのバランスが崩れると動脈硬化の原因となります。ldlコレステロールを減らしてバランスを整えるにはオメガ3系脂肪酸が有効です。

読んでみよう

血管の詰まりを防止

お腹

付着するコレステロール

コレステロールには、ldlコレステロールとhdlコレステロールの2種類があります。このうちldlコレステロールには、血管壁に付着しやすいという性質があります。排水管に油を流し続けると、油汚れがどんどんこびりついて、排水管は狭まり、水が流れにくくなります。それと同じで、ldlコレステロールが付着し続けることで血管では、血液が流れにくくなります。ldlコレステロールの増加が止まらなければ、やがて血管は詰まったような状態になります。すると血液が流れていかなくなり、体では様々な問題が生じるようになります。そのため健康のためには、ldlコレステロールの増加を阻む必要があります。そしてその効果があるとされているのが、食物繊維とビタミンEです。具体的には食物繊維には、食べ物からコレステロールが作られることを防ぐ効果が、ビタミンEには血管壁への付着を防ぐ効果があるのです。

吸着するコレステロール

一方hdlコレステロールには、ldlコレステロールを吸着する性質があります。石鹸や洗剤は油で作られていますが、それは油同士という好相性により、油汚れを吸着させることができるからです。hdlコレステロールは、まさにこの石鹸や洗剤のように、ldlコレステロールを吸着して、血管壁をきれいにしてくれるのです。そのためldlコレステロールを減らすには、hdlコレステロールを増やすことも有効と言えます。そしてそれには、ナイアシンやポリフェノールを摂取することが効果的です。ldlコレステロールの増加を防ぐ食物繊維やビタミンE、hdlコレステロールを増やすナイアシンやポリフェノールは、現在ではいずれも健康食品で摂取できるようになっています。手軽さから、これらを利用する人は増えていくと考えられています。

酒粕人気の理由の一つ

ストレッチ中の女性

ldlコレステロールが高いと病院での治療が必要になる場合もありますが、コレステロールの排出を促す食品で対策もできます。酒粕は人気のあるものであり、コレステロールや中性脂肪の排出を促す以外にも多様な健康や美容への効果が期待できます。

読んでみよう

中性脂肪の増え過ぎに注意

インテリア

ldlコレステロール(悪玉コレステロール)は必要不可欠なものですが蓄積すると病気の原因になるので、ldlコレステロール増加の原因になる過剰な中性脂肪と肝機能低下の予防・改善をする必要があります。ファーストフードや高脂肪食品などを避け、体に良い食事と生活をすることが大切です。

読んでみよう